桐陰同窓会会員の皆様へ
平成27年2月吉日

桐陰会館が完成しました。ご協力ありがとうございました。

桐陰同窓会  会 長 畔柳信雄(68回)
副会長 篠沢恭助(63回)
副会長 大平 明(73回)
代表幹事 下坂秀樹(70回)

 拝啓 桐陰同窓会会員の皆さまからの多大なご支援、ご協力をいただきました桐陰会館が完成し、昨年12月17日に附属中学・高等学校主催の「桐陰会館完成報告会」が催されました。平成20年以来7年間にわたるご協力に心から感謝し御礼を申し上げます。
 完成報告会は筑波大学、附属中学・高等学校の先生、生徒、保護者及び桐陰同窓会から畔柳会長、篠沢副会長、大平副会長はじめ会館計画に携わった歴代役員が出席して開催されました。同窓会を代表して畔柳会長から「桐陰会館建設は、東日本大震災の影響等困難もあり7年間を要しましたが、大学、学校、保護者、同窓会の4者の粘り強いチームワークにより今日を迎えることが出来たことは特に嬉しく思います。寄付をいただいた約3,000名の方々も、“強く、正しく、朗らかに"、に根ざす附属の心、附属の精神が後輩達に引き継がれていき、この会館がそのような附属の心が溢れた交流の場として、現役、先生、父母、先輩に大いに活用されるように祈っておられると思います。」と祝辞を申し上げました。
 完成した桐陰会館は桐陰建築会のメンバーである川村純一さん(75回)の設計によるスマートな外観の建物で、広々した玄関ホールを入ると1階には最新式の音響、照明、電動式階段席を設置した300人収容の大講義室、8畳・6畳の和室と茶室、同窓会事務局室、2階には可動書架を備えた資料・閲覧室、15人前後用会議室を設備しています。
 今後附属中学・高等学校の教育施設としてまた同窓会事務局および同窓会会員の懇親の場として大いに活用されることが期待されます。
同窓会主催による、桐陰会館完成を祝い会員の皆さまに新会館をご披露するホームカミングデイを、来る4月5日に附属にて開催いたしますので多くの会員の皆さまのご来場をお待ちしております。
 以上桐陰会館完成をご報告し御礼を申し上げます。
敬具